程の良さ

f:id:seiji-honjo:20210127102932j:plain


  イギリスのミステリー作家コリン・デクスター(1930~2017)のモース警部シリーズを再読しています。

 関連して『推理作家の家』(南川大三郎、西村書店)も再購入して作家の家や書斎などの写真を楽しんでいます。日本の作家の『作家の家』、『作家の住まい』も。

 モース警部の生みの親はケンブリッジ大学卒業後、グラマー・スクールの教師、オックスフォードの委員会の初期などを務めて45才の時に『ウッドストック行最終バス』でモース警部を登場させて12作書き続けます。僕も頑張って?昨年か去年に全部取り寄せてモース警部の最後を見届けました。

 そしてまた最初の作品を再読していますが、何となく推理や警察のあり方、犯罪の暴力性など1970年代のイギリスの雰囲気を感じさせ、それはアメリカと違う、また直近の現代イギリスとも違うのんびりとした程の良さを感じました。作者自身の経歴、雰囲気もそうです。大学はエリートですが、その後の職業はそうでもないようです。それがいい感じに作品にも主人公の性格造形に出ている。

 でも独身のモース警部はアル中に近い酒好きで、下品ではないけれど事件関係者の若い女性とデートをするなど日本では考えられないほど、進んで?います。場所はウッドストックというオックスフォードの北隣の町で、有名なコッツウォルドにも接しています。オックスフォードは1983年にロンドンに初めて訪れた時に、在ロンドンの大学時代の友人とその幼い長男と行きました。その後1997年にはやはりロンドンに4カ月ほど滞在した時にかみさんとはオックスフォードよりもさらに北のストラットフォード(アポン・エイヴォン)にシェークスピアの生家を訪ねて行きました。ロンドンから1時間半くらいだったような。

 さて『推理作家の家』でのデクスターはいくつかの写真でパイント・グラスを持って、執筆の机の上にもワインのボトルとグラスがあり、また南川さんとのインタビュー―の後も近くの川沿いのパブで飲んだりと、いい意味で酒好きなのだなあと、そのグラスを持った小太りの体と笑顔を含めて感じました。

正月の終わり

f:id:seiji-honjo:20210114101915j:plain


f:id:seiji-honjo:20210103194812j:plain


 鏡開きの時にネットがつながらず慌てました。いまはスマートフォンテザリングでつないで不自由を感じません。その料金の加算が気になりますが、家のデスクトップのプロバイダーからの毎月の請求書が来たら、またそっちに戻そうかと。

 昨日はお炊き上げ(どんと焼き)で近くの西野神社へ。ここはコンサートで来た歌手が訪れた事で有名になりましたが、こじんまりとしたいい神社です。

 かみさんの実家の円山に行き、円山クラス~東光ストアを経て鳥居前の中華のお店に。ちょっと失敗でした。

 16日土曜の朝は雨模様。朝日の土曜版の書評欄でジョン・ル・カレの追悼小特集があり、手元にある諸作品を読み直そうという気になりました。スパイ小説の中では読みずらいとはいえ、ヘンリー・ジェームズの英語・翻訳に挑戦?した経験からすると大丈夫だと自信を持ちました。また二重スパイのアイデンティティー、カフカ的ともドストエフスキー的ともいえる不条理と複雑さに改めて興味を持ちました。

インターネットが・・・

f:id:seiji-honjo:20210112184807p:plain


  急にデスクトップのインターネットがつながらなくなった。ケーブルとかの接続ではなく、たぶんOCNの料金未払いだと思います。毎月7000円程度請求書が来たらすぐにコンビニで支払っていました。数年前にも忘れてつながらなくなった。で、支払いをしたらすぐにつながりました。それで懲りて銀行引き落としにしようとしたのですが、その手続きが難しいいわけではないのにうまくいかない。それで相変わらず毎月支払っていました。

 さてOCNに連絡しようとiphoneで電話番号を調べようとしても、すべてネット上で手続きをするようになっています。どうしようかと考えあぐねて、家でラップトップでネットを使う時にiphoneテザリングをしたのを思い出してやってみたらうまく行きました。

 年末に13年使ったテレビが映らなくなって、書斎の20インチのパソコンで朝ドラや相撲を見ています。ただBSのTBSの報道番組が見られないのは少しさびしい。で、今朝テザリングをオフにしているのにネットにつながっている。テザリングがアイフォンの料金増加にならないか心配していたのですが。

 さてアンドリュー―・ワイエス張りの景色でしたが写真に撮るとだめなので、本当のワイエスの絵を。ワイエスはお父さんが有名なイラストレーターで、本人も画家。息子も画家になったので三代の個展をやった事もあるそうです。日本でも人気がある画家ですね。

懐かしい映画館

f:id:seiji-honjo:20210110091913j:plain


 またN田君のブログに触発されて。何か自分でテーマ思いつけないようで老化か寂しいですが。

 『ウエスト・サイド物語』を見たのは1961年上映だから9才?たぶん映画好きのおふくろに連れられて行ったと思います。でも中学生の頃に見た記憶があるので調べてみると1963年まで1年半のロングランだったようです。確かに中学の時にジョージ・チャキリスが履いていたバスケット・シューズが流行った。これは背が高く足が長くないと似 合わない。Y崎君やT谷君など長身のバスケット部の友だちが履いていました。

 で見たのは、国道36号線沿いの南4条西3丁目角にある豪華な映画館、松竹座。そして日劇東宝日本劇場、南1西1)は丸井の向かいにあってこれも敷居が中高生には高かった。でもここで007を観た記憶があるのですが、2番館が隣に併設したいたようにも。

 札劇(南3西1)は須貝ビルにあり、ここの支配人が中学の時の英語の先生の息子さんだと後に分かります。英語の先生はハーフみたいな彫りの深い顔だちに流暢な発音でイングリッシュ婆ちゃんと呼んでいました。高校進学の時に西野に越して、近所でこのY田先生をみかけました。するとこれも後からですが、中学の同級生の義理のお兄さんの歯科の裏手に住んでいて、さらにお隣が高校の同期生の家だとか知ります。

 帝国座(南3西1)は条丁目は札劇と同じですが、こちらは狸小路の1丁目にありました。

 そして松竹座と同じ36号線沿いですがこちらは庶民的な2番館の豊栄映画劇場。1966年閉館とありますが、中学2年か3年の時に閉館時の無料サービスで入った記憶があります。映画館が豊平3条7丁目、僕んちは4条6丁目だったので歩いて5分くらいか。当時は東映時代劇の大川橋三、中村錦之助、そして日活の『嵐を呼ぶ男』もここで見た記憶があります。町内に床屋さん、畳屋さん、雑貨屋さん、貸本屋、銭湯などそろっていた時代でした。スーパーでなく市場の時代。つと納豆を売る呼び声も昭和30年代の風物でした。

 また国道36号線ですが、この反対側にあるのが豊平映画劇場(豊平2条2丁目)。こちらは後から元遊郭街だと知りますが、当時もちょっと行きづらい場所でした。かかっている映画も洋物ピンク路線だったようで、関心はあるけれど行けない場所の映画館でした。この辺り誤解と偏見があるかも。

 この辺りまで小中学校ですが、高校では粋がってシネマ・テークの映画を道新ホールで見た記憶が。でも期末試験の後に狸小路のニコー劇場でドロンとブロンソンの『さらば友よ』を見ました。

 大学に行くと北23条のシネマ23でゴダールではない方の『ウィークエンド』を見た記憶も。実は大学時代はジャズ喫茶と映画館をはしごしていたのですが、何故かその詳しい記憶はない。たぶん思い出しくない事も絡んでいるような。

 写真は和田由美さんの『ほっかいどう映画館グラフィティ』。読み物としてよりも資料的価値があります。今だとネットで各映画館の歴史について調べる事も可能ですが、1冊でその用が足りるのは便利でした。

 和田さんは札幌の有名文化人ですが、大学生の頃アルディ似のガール・フレンドと「スペイン酒場」で飲んでいると話しかけられました。もう酒場の取材を始めていたのかも知れません。その後も「エルフィンランド」で見かけた事も。ま。エルフィンの中島洋さんは後に「シアター・キノ」を立ち上げるので、その頃から知り合いと言うか、仕事と趣味が一致したような和田さんの羨ましい生活ですね。

NYのすし田などなど

f:id:seiji-honjo:20210105144720j:plain


 N田君がニューヨークのすし田について書いていたのでついつられて。

 96年にフィラデルフィアのペンシルヴァニア大学に客員研究員としていた時にかみさんのご両親が訪ねて来て一緒にニューヨークに行きました。その時にすし田にも行きました。すすきのの「ふらの」という居酒屋をやっているJちゃんがその時はデザート担当だったような。「ふらの」はかの居酒屋評論家の太田和彦も取り上げています。

 さてすし田はマンハッタンに2軒あった時期もあるようですが、今度は2001年コロンビア大学にいた時には1軒だったような。Jちゃんも日本に帰っていました。ただフィラデルフィアと違って日本食の店も多く、荻窪に本店のある「本むら庵」で鴨せいろを食べたりしました。

 劇場街(ブロードウェ―に沿って40~45丁目くらい)にあるイタリアンのオルソもラム・チョップが美味しかった。ラム・チョップと言えばMOMA(近代美術館)のレストランでも美味しかったです。最近MOMAが大幅リニューアルしたという記事がありましたが、2001年当時も改修中で会員になったけれど入れない場所も多かった。ここはフィルム・ライブラリーも充実していました。

 バードランドでベースのクリスチャン・マクブライドを見ました。かっこいいベースでしたね。ピアノはジェフ・キーザー。ブルーノートではディディ・ブリッジウォーターを聞きました。ドラムスはテリ・リン・キャリントン。ピアノはケヴィン・ヘインズだったような。ヴィレッジ・ヴァンガードも数回行きましたが、夕食後何となく出かけたので、そんなに注目する演奏には出くわしませんでした。

 写真は【アンドリュー・)ワイエス的と自分では思っている近所の公園の景色です。枯れた草と雪とのコントラストが冬ざれた絵にも見えて。でも色調がセピアでないとあまり映えないかも。

正月の終わりと大雪

f:id:seiji-honjo:20210108115615j:plain


 7日の夜寝る時は何でもなかったのに起きると大雪でした。

 でもこの程度だと大雪と騒ぐ程ではないけれど、最近は少ないので。

 朝一番で雪かき。汗をかいたのでビール。

 音楽はフランソワーズ・アルディのベスト盤。でも期待して聞くとそれほどでもないので、いつものファラオ・サンダースに代えました。アルディって美人ではないけれど、カッコよかった1970年代。実は大学後半から大学院にかけて付き合っていた女性がちょっとアルディ似。美人ではないけれどカッコよかった点も。

 北大の物理にいたんだけれど、高校は桐朋。同級生にリリーがいたとか。父親が共同通信の特派員で中学から高校の途中までジュネーヴにいたので帰国子女でした。僕は北大のフランス語研究会の代表をやっていたけれど、もちろんフランス語は彼女に教えてもらいました。その後翻訳もやっていたような。

 先ほどコンビに行った時はドン・プーレンを聞いていたけれど、サンダースとの共演があればよかったのに。

 アルディって、ミック・ジャガーよりも足が長い。

平穏

f:id:seiji-honjo:20210101082118j:plain


 年末は少し体の不調の予兆?があって不安と諦めとなんでもない事に新鮮な印象を感じ、そして家族と健康で仲良く、そして平穏な生活が営めればそれでいいと思う時間でした。

 さて元旦の朝は少し雪が降って静かで平和です。ちょっとだけアリバイ的に雪かきをして朝風呂。ビールで「今年も宜しく」の乾杯。僕は黒豆、飯鮓、イクラ、刺身で菊正の樽酒を2合ほど。雑煮を食べてまたひと眠りです。

 そうだ、明けましておめでとうございます。