ミンガス、ドルフィー、ジョーダン

f:id:seiji-honjo:20211017070225j:plain

1964年4月ドイツでのライブMingus in Europe。サックスがエリック・ドルフィーとクリフォード・ジョーダン。

 エリック・ドルフィーは6月に糖尿病による心臓発作で亡くなったようです。ツアー中の客死。

 「黒人アーティスト、エトランゼ」(https://seiji-honjo.hatenadiary.jp/entry/2020/04/08/090232)では、ツアーの時に帰らないで、そのまま滞在したように書いたのですが間違いでした。『ラスト・デイト』は亡くなった月にドイツのラジオのために録音したもののようです。有名なYou Don’’t Know What Love Isでのフルートは本当に白鳥の歌のように透明感のある演奏で、聞くたびに心が洗われる。

 クリフォード・ジョーダンは僕的にはStrata-Eastから1972年に発表されたIn the Worldで記憶されています。ドン・チェリーエド・ブラックウェルなどの前衛派とウィントン・ケリーケニー・ドーハムなどの主流派というか保守派、そしてその中間ともいえるクリフォード・ジョーダン、リチャード・デーヴィスなどの演奏スタイル横断的なメンバーと、同様に前衛的/主流的な演奏がいい。1曲目のViennaでの暗いロマンティシズム。その中でのウィントン・ケリーの明るいピアノが対位的にアクセントとなっている。ジャズ喫茶の「アクト」や居酒屋「こうや」で聞いた時の風景や話も思い出します。

 でもイヤフォンで聞くと少しばらばらのような、一体感が欠けるように聞こえるのは機械(メディア)のせいだろうか。写真はミンガス。けっこう絵になる写真が多い、フォトジェニックなジャズマン。Goodbye Porkpie Hatで有名ですが、麦わら帽(straw hat)と葉巻が似合う。

ミンガスとドン・プーレン

f:id:seiji-honjo:20211016075903j:plain

1974年のカーネギー・ホールでのライブを聞いていますが、なぜかアナログ・レコードではPerdid とC Jam Bluesの2曲のみ。CDでは完全収録。

 CD1はIntroduction , Peggy’s Blue Skylight、 Celia、 Fables of Faubus 。CD2 はBig Alice 、Perdid、  C Jam Blues。

 トランペットは John Faddis、サックスは John Hnady 、Roland Kirk 、Charles McPherson、 George Adamsという錚々たるメンバーです。

 有名なFables of Faubusでのサックス同士のコレクティヴ・インプロヴィゼーションとプーレンのピアノがよく合っています。ミンガス・ミュージックとプーレンの親和性が分かってうれしい。

 ジャケット写真もミンガスの姿がモノクロで撮られていて、センスとユーモアがあります。

 同じ1974年のChangesの2も聞いてみました。有名なOrange Was the Color of Her Dress, Then Silk Blueが17分の長尺で、プーレンのピアノがマッコイ・タイナー風からプーレン風のスタイルと1曲の中での演奏スタイルの変化が楽しめます。それとフォーク・ミュージック風のノスタルジックな曲調が、とちゅうアヴァンギャルド的な演奏になって、これもミンガス的。ゴスペル、フォーク、ジャズ、フリーとアメリカ音楽の歴史をなぞりつつ、混沌も表現しているような。

 ミンガスって怒りながら56才の短い生涯を終えたように思えます。その怒りに時々辟易しつつも、ミンガスの生きた時代の黒人にとって、それは怒らざるをえないだろうなとも思います。うつ病とか双極性障害とも言われていますが、アーティストとして創造の苦悩もあるだろけれど、人種差別による怒りから正常な精神状態を保てなくなる事もありそう。

50年代のBlue Note

f:id:seiji-honjo:20211015111137j:plain

   昨日は山の手コートにテニスに行くときに公園の入り口でご近所のK先生と雑談。

 北大教養の時のクラス顧問のY先生と教育学部のT先生の話になる。Y先生の事を褒めてくれて嬉しかったです。6月の時点で入院中と聞いていたけれどもう退院したかな。T先生の事もほめていた。Y先生がある時、T先生の事を話題にした事がありました。僕の勤めていた北海学園に北大定年後にいた事を知っていたようです。そのご尊父が北海学園の2代目学長だとは知っていましたが、札幌の生協の初代理事長であることは初めて知りました。北海道の農業経済学で有名な学者であるとは聞いていましたが。

 今日は満を持して?7月20日以来の「チャイナ・パーク」。最初に頼んだビールと紹興酒を餃子が出てくる前に飲んでしまうので、我慢してちびちび飲むことに。その成果があって、餃子到着に間に合ってビール+餃子+紹興酒が楽しめました。生ビールの注ぎ方がうまくなって、でもジョッキは小さくなったかな?グラスの紹興酒はたっぷり入れてくれるから満足しています。

 その後は、銀行で擦り切れてきたキャッシュ・カードの更新手続き。コーヒーを買って帰宅。

 これもアマゾンで注文した理由が分からないルー・ドナルドソンBkues Walkを聞く。典型的な50年代のハードバップだが、コンガが入っている事もあってか、心地よい。新しくはないが、決して古くはない音楽。ドナルドソンのアルトもはつらつとして、初めて名前をきくピアノもいいです。

 続いてフランスのピアノ・トリオ、プリズムのサックスとギターが入ったFiveを聞いているのですが、何か理屈っぽい演奏に聞こえます。その時の気分や体調にもよるのでしょうが、Bkues Walkの方がいい。プリズムはTimeOn Tourが律動的でいいです。

『サクリファイス』と小説のタイトル

 自転車ロードレースと小説の話です。

自転車ロードレースの小説を読んでいるとけっこう新しい≒知らない言葉に出くわします。

 最初は普通に使っているらしいけれど、僕が知らなかった言葉。例えばミニ・べロ。日本でも見かけるタイヤの小さいですが、べロがフランス語で自転車で、bycyclette(ビスィクレット)よりも日常的に使うようです。

 それとレースでのレーサーの集団を意味するプロトンですが、語源を調べると「小隊」を意味するplatoonと同じだと分かりました。語源から派生する多様な意味について知りたくなる習性はなくなりません。

 それとフランス文学者の工藤庸子さんの影響でタイトルにも。近藤史恵さんの自転車小説はカタカナのタイトルが多い。『サクリファイス』、『エデン』、、『スティグマータ』。どれも白石誓(ちかう)が主人公です。『サヴァイヴァル』は誓のチーム・メンバーが主役の短編集。

 「サクリファイス」という言葉は8つほどの映画・小説のタイトルに使われていて、タルコフスキーの映画(1986年)が有名。一時期読んでいたアンドリュー・ヴァクスのバーク(シリーズ)もの(1991年)にも。探偵バークのシリーズは性犯罪が多くて疲れますが。

 でsacrificeはこの後の単語もそうですが、英語なので聖書のからの引用が多いです。日本語で「犠牲」というと犠牲的行為とか何かのために自分を犠牲にするという意味で使われますが、英語では「神への捧げもの」のように、神=崇高な存在への生贄のような意味です。または語源的には「聖なるものにする、作る」という意味のようですから、犠牲的行為によってその人が聖なる者になる。そこまで行かなくても、単なる大義よりも、もう少し大きなものへの犠牲という意味になります。自転車小説『サクリファイス』は日本人の作家によるものですから、英語的・キリスト教的sacrificeと日本的犠牲の中間くらいに位置する意味合いでしょうか。

 すると『エデン』は自転車レースに生きるレーサーの「楽園」。もちろん「楽園」に入る事の難しさが表現されている。

 『スティグマータ』は「聖痕」。磔にされたキリストの手にできた傷。奇跡の顕現。何か大きな崇高な大義(自転車レース)のために自分を犠牲にした者の体にできる聖なる傷という意味でしょうね。チャンピョンを襲おうとするナイフを自分の肩に受けた白石誓。彼の傷がスティグマスティグマータ)。チャンピョン≒自転車レースのために犠牲となって受けた傷。パラ・テクストとしての題名が作品内容を象徴的に表現していると思いますが、少し大げさかな。

宮本輝とドン・プーレン

f:id:seiji-honjo:20211010191804j:plain

一見無理やりな組み合わせのようですが、宮本輝の『水のかたち』(集英社文庫)にドン・プーレンとジョージ・アダムズのBreakthroughのSong from the Old Counryが出てくるんです。1986年のBreakthroughは邦題『ブレークスルー(ソング・フロム・ジ・オールド・カントリー)』となっているので、Song from the Old Counryはアルバムの代表曲。東京の下町に住む主人公は横浜で居酒屋を営む姉のCDのこの曲を聞いて「烈しいリリシズム」と的確な評言を述べています。

 主人公の友人はジャズ・ボーカリストで、重要な登場人物の一人ですので、ジャズの事が出てきます。それ以外にハービー・ハンコックCantalope Islandがいいとか出てくるんで、この時期作家はジャズに親しんでいたのではないでしょうか。

 1995年に54才でなくなったドン・プーレンの若いと時と40代、50代の写真を比較すると、年を取っていい顔になってきているように見えます。逆よりもいい。若い時の少しギラギラした顔が、古武士のような余裕と力のある顔になった事がその表情が写真からうかがえます。その事もこのブログで何度も書いているので、よほどドン・プーレンが好きなんですね。他人事みたいに言っていますが。

 それで?ドン・プーレンのジョージ・アダムズとの共演盤と、チャールズ・ミンガスのグループのピアニストだった1971~74年の4枚のアルバムのうち2枚を購入。

 話は宮本輝と『水のかたち』から離れましたが。もしかしたら次にでも。

紅葉散策

f:id:seiji-honjo:20211009153255j:plain

あさ1時間ほどテニスをしてから、盤渓バスに乗り西野~盤渓~真駒内へ。

 午後1時少し前に真駒内の中華「山ちゃん」でランチ。ビールはジョッキに1杯のみで、山ちゃんランチ・セットを二人でつまみ兼食事。青椒肉絲、麻婆豆腐、棒棒鶏が小皿で。けっこうおいしい。あとは担々麺。これもオイシイ。厨房の店主はいいのですが、女性店員がちょっと。

 その後、メインの真駒内公園の散策。これがよかったです。今まで地下鉄を降りて、そこから近い入り口から公園全体の3分の1くらいしかい見ていなかったようです。公園のゆったりとした歩道や並木の紅葉も素敵でした。でもなかなか写真では良さをとらえる事ができない。屋外競技場の上からみた景色もいい。

 屋内競技場の名前が残念な事に某建設会社の名前になっている。たくさんの女性(主として若い女性、それと中年女性や、中学生くらい子もいたかな)がアリーナの方に向かって歩いている。警備員に聞くとV6のコンサートだと。それなら僕も長野君とイノッチを見たいなとちらっと思いました。長野君は『晴れ、ときどきファーム』という番組で、森三中の一人と滝沢沙織と古民家で里山の暮らしをしながら、野菜を育てているという設定の番組を長く見ていました。イノッチの方はやはりNHKの『あさイチ』をずっとみていましたね。

 その後、六花亭の六花文庫でコーヒーで休憩。食べ物に関する本を集めたおしゃれで静かな空間です。

 暗くなってきたので、帰りは地下鉄、丸井で買い物、地下鉄~バスで帰宅。いい天気でした。

『田園発港行き自転車』、タイトルにも自転車が・・・

 f:id:seiji-honjo:20211008185048j:plain

近藤史恵の自転車レース小説『サクリファイス』の次に宮本輝の『田園発港行き自転車』を選んだのは偶然です。

 宮本輝は父親の伝記的な「流転」シリーズはタイトルもふくめて苦手で近づいていません。それ以外の文庫はけっこう読み続けていて、その流れで『田園発港行き自転車』にたどりつきました。

 自転車がらみでは、主人公の絵本画家(30代の女性)は母の実家が自転車部品の創業者で、社長を継いだ婿養子の父親が15年前に急死したんです。自転車についての話が何か所も出てきて。

 父親は家族に宮崎に出張だと言いつつ、富山の滑川駅に自転車でやって来てそこで心筋梗塞で亡くなる。

 その謎を解く意味もあって、15年後に娘は亡くなった場所を探すのですが、一緒に旅する編集者/友人の知り合いがバイク好きでビアンキとかBHとかいう有名なツーリング用の自転車を彼女たちに貸してくれる。

 そして父の子を産んだ女性が滑川で美容院を営み、その少年は5才の時に大好きな絵本の作者にファンレターを送り、作者は丁寧な返事を書きます。お互いに母親の違う姉弟とは知らずに。少年はバイク好きで、買ったミニベロは会った事のない父親の会社の変速ギアが付いている。父親の番頭格だった人物が次の社長になっていて、亡き社長の忘れ形見の中学生の少年に高校進学のお祝いに本格的なロード・バイクをプレゼントすると約束します。

 そして最後はまたも自転車で弟の家の近くにやってきた姉が弟と顔を合わせる場面で終わります。けっこう人間関係がややこやしいですが、ほとんど善人ばかりの登場人物で、下巻になってその複雑な関係が解きほぐされるのも心地いい。そうだ、ゴッホの『星月夜』が、絵本画家が父親から日本でも似たような風景があると言われ、それ父の亡くなった町の橋である事を知るエピソードに使われています。その模写をしたり、プロの模写の『星月夜』を手に入れてがっかりしたりとか。

 なかなかいい読後感ですが、文学的にどうとか言うのではないですね。表紙にも写真が描かれています。ちょうど夕方散歩利していたら、高校時代の同級生が自転車で通りかって雑談をしました。ちゃんとヘルメットをかぶっれ、本格的な自転車でした。